診療案内

避妊・去勢手術

雌(避妊手術)の場合は、開腹して卵巣と子宮の両方、あるいは卵巣のみを摘出します。雄(去勢手術)の場合は睾丸を摘出します。

【1】原則として各種混合ワクチンを接種していない場合は、手術はできません。

【2】当院では避妊・去勢手術は生後5か月齢以降で行っていますが、乳歯がうまく抜けなかった場合、手術時に同時に抜歯できますので、生後6か月齢以降に、歯の状態を確認したうえでの手術をお勧めしています。

【3】出産後の避妊手術は、完全に授乳が終わってから行います。(2~3ヶ月後)。

【4】下記の場合は原則として手術はお断りさせていただきます。
・各種混合ワクチンを一年以内に接種していない場合。
・雌犬で発情中の場合(激しい出血の原因になります)。
・術前の検査で異常が見つかった場合。

戻る
相談 TOPへ戻る